播種機、育苗器、催芽器、脱水機、砕土機、肥料散布機、籾コンテナ、バネ搬送の株式会社石井製作所公式ホームページ

サイトマップ  │  プライバシーポリシー

無コーティング代掻き同時播種機

 » 
 » 
無コーティング代掻き同時播種機

代掻きと同時に催芽した籾を播種する直播機です。
代掻きを行うと同時に籾を播種できるため、水田に機械が入る回数がへり、且つ籾もコーティングしていない催芽籾を用いることで省力化が図れる製品となっております。

また無コーティング種子を用いることによる鳥害については、播種後にローラーで籾を土を塗ることで鳥が目視で発見しづらくなることで対策をとっております。
※本機は「農研機構生繭支援センター「革新的技術開発・緊急展開事業」(うち経営体強化プロジェクト)(研究代表機関:農研機構東北農業研究センター、山形県農業総合研究センター、山形大学、(株)石井製作所)によるものです。

製品の特徴

  • 代掻きと同時に播種可能です。(本代掻きの際に本機を用いて播種する)
  • 無コーティング催芽籾を播種です。(2mm程催芽させた籾を播種する)
  • お客様のお持ちの代掻き機に装着可能です。(2.0~2.6m一本ものに対応)
  • 雨の日でも播種可能です。
  • GPS駆動により車速に応じて播種量を自動調整します。
  • 補給なしで約1haまで播種可能です。
  • 最大時速3kmで播種が可能です。
  • 圃場に応じて条播と散播を選択可能です。

催芽方法・種子の準備について

現在準備中です。

鳥害対策について

  • 播種後に本機後方についたローラーで籾を5mm程度の深さへ鎮圧します。これにより鳥が籾を目視で確認しづらくなり、鳥害を防止することができます。
  • 周辺に電線、民家、防雪策、林等がありますと播種後や明朝に鳥が飛来し、鳥害をうける恐れがあります。その際には水管理やテグスによる対策が必要となります。
  • 詳細、その他対策については東北農研のマニュアル(http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/pamphlet/tech-pamph/061611.html)をご参考ください。

除草対策について

無コーティング直播動画

製品詳細

製品仕様

型式 HRS-UN2
作業幅 2.0~2.6m(ハローサイズによる)
播種可能速度 0~3.0km/h
動力 トラクターより電力運用(コンセント、バッテリーどちらも可)
播種保管量

オプション適合明細

商品名 直播用マーカー
型式 MA-1

 

東北農研様の無コーティング直播

◆東北農研様 http://www.naro.affrc.go.jp/index.html

パンフレットダウンロード

販売店の皆様へ

こちらよりカタログや取り扱い説明書をダウンロードできます。

動画一覧

マスコミ掲載情報